読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7/13 LiSA LiVE is Smile Always~LANDSPACE~@Zepp Nagoya

【セットリスト】
1. Canvas boy × Palette girl
2. コズミックジェットコースター
3. crossing field
4. confidence driver
5. DOCTOR
6. ヒトリワラッテ
7. traumerei
8. シロイトイキ(アコースティックver)
9. うそつきの涙
10. アシアトコンパス
11. Rising Hope
12. EGOiSTiC SHOOTER
13. say my nameの片想い
14. ROCK-mode
15. 逆光オーケストラ
16. 僕の言葉で

アンコール
17. BRiGHT FLiGHT
18. best day, best way

1年ぶりのLiSAはアルバムツアー。
整理番号がかなり後ろ(本当は2階が良かった)だったので、一番後ろに陣取って地蔵に成り下がるつもりでいたが、
ステージが全く見えない!それもそのはずLiSAは女性。そして背が低いということを全く考慮していなかったのである。
仕方ないのでたまに背伸びで顔を捕えた後、ステージ頭上に飾られているLiSAの文字を見ながら脳内補完でステージを想像することに。

ライブハウスでのコンサートではあるけど、LiSAは基本サイリウムが振られるようなアイドルノリのコンサート。
正直、普段ロックバンド観に行く自分としては若干ノリづらいんだけど、そこはLiSAの言う「愛と思いやり」で自分なりに楽しんだ。
過度なモッシュはもちろん自分も望むところでは無いし、運営側も開始前にペンライトやトートバッグやリュック売ってるんだから
「荷物持ち込むな」ってのもお門違い。ただ、ジャンプする客が多い中で草履で参加してる客は勘弁して欲しかった…。あとメガネ大杉。

そんな「あー、檻の中でいいからロックバンドのノリでLiSA見たいなー」なんてことを思ってアンコールを迎えた時、

LiSA「9/7に行われる蒲郡Treasureに参加しまーす」

( ゚Д゚) ほぎゃあああああああああああああああああああああああああああああああ

え?今、なんて言った?え?えっ?
Treasureは東海圏で行われるそこそこ規模の大きいロックフェスで、WHITE ASHとミイラズ目当てで予めチケット買ってたんだけど、
まさか!そこに!LiSAのロックフェス初参戦が突っ込んでくるとは!!
「何それ?」「そんなアニメイベントあったっけ?」と言わんばかりの周りの客の中ひとり絶叫を続ける俺。
例えるなら最後の直線で1倍台の逃げ馬が沈んで静寂ムードの中、一人穴馬の馬券を握りしめ「差せ!差せ!」と叫んでいるような状態。ヘブン状態
LiSAの「来てくれるよねー?」の呼びかけにワンテンポ遅れる客たちを他所に俺一人即答ですよ。馬鹿め。チケットは既に完売しているのだ。
たぶんあの場でTreasureのチケット持ってて、フェス初参戦の意味を理解して、叫び声を上げたのは俺一人だったように思う。ホント、冗談抜きで。

勝手な考えではあるけど、このフェスはLiSAの今後の方向性を大きく左右することになりそう。
サイリウムなどの光り物も禁止(チラシに書いてあってワロタ)だし、是非ともゴリゴリのロックを見せて欲しい!!楽しみ!